8月16日現在、全国のコロナ感染者は累計で百万人を超えています。人口の約1%です。対策として期待されているワクチン接種も進んでおり、1回目の接種率は50%近くなっています。私もファイザーのワクチンの2回目を打ちました。直後は38℃程度発熱しましたが、体調としてはそれほど悪くなく、日常生活には支障ありませんでした。塾の授業もちょうど盆休み期間だったので穴を開けずに済みました。
 ワクチンの副反応のために接種をためらっている人もいるかもしれませので、少し検証してみたいと思います。ネット上には副反応の体験談がたくさんありますが、「数日から数週間、発熱・倦怠感・発疹等でつらかった」といううような内容でのようです。本人は大変だったと思いますが、コロナの症状と比較すると軽症の部類に属するもののように思われました。もちろん重症の例もあると思いますが、ファイザー社の報告によれば「ワクチン接種百万人に数件」のレベルのようです。一方、コロナ感染した場合の重症化率は2021年6-8月で1.6%で、冒頭のコロナの感染した率をかけると「ワクチン接種しない人一万人に数件」のレベルだと考えられます。ワクチンの効果が100%とは言えませんが、重症化するリスクは、ワクチンを打つ方が桁違いに小さいと言えると思います。
 また、これまでのところ20歳未満はワクチンの副反応が強めで、重症化や死亡のリスクは極めて低いとされていました。しかし、変異株もでてきており、若い世代の危険性が増ているという情報もありますので、生徒たちもなるべく早いタイミングでワクチン接種を考えた方が良いと思っています。

 「野菜を茹でるときに湯に油を加えると沸点が高くなるので良い」と昔はよく言われていました。実はこれは間違いなのですが、先日テレビで同じこと言う人がいたのでブログで取り上げます。
 高校の化学で「沸点上昇」を学習します。「沸点上昇」は水に何か溶けると沸点が高くなる現象のことですが、油は水にほとんど溶けないので、表面に浮かしても細かく分散させても沸点はほとんど変化しません。このへんの理屈は化学的には面白いところですが、話が長くなるので割愛します。
 それでは塩ならばどうでしょう。茹で汁とか味噌汁とかの塩分濃度は1%ぐらいでしょうか。これは約0.2mol/Lになります。塩化ナトリウムは水溶液中でほぼ電離していますので、0.2×2×0.52≒0.2となり、0.2℃沸点が上昇します。たいしたことはありません。沸点は気圧の影響も受けるのですが、0.2℃は約7hPaに相当するので、昨日と今日の天気図で違うぐらいの差です。さらに基山町中心部の標高は40m前後ありますので、海辺の町に比べてすでに気圧が4hPaほど低くなっています。ちなみに圧力鍋はだいたい2気圧(1000hPaほど高い)で沸点は120℃(20℃高い)ぐらいだそうで、これは確実に効果があります。
 塩を入れるのは野菜の緑をきれいにする意味もあるといわれていますが、それを確実に証明する論文を見つけるには至っていません。葉緑素(クロロフィル)とナトリウムの反応で説明されている例もあるのですが、これも確実な研究結果は示されているわけではありません。個人的には怪しいと思っています。
https://www.nutritionist-blog.com/2014/07/blog-post_4307.html
 それではなぜ野菜を茹でるときに油や塩を入れるとよいという説が広まったのでしょうか。私の想像ですが、パスタを茹でるときに味を付けるためとかくっつきにくくするためとかいうのを、野菜にも拡大解釈して理由を後付けしたのではないでしょうか。これらのことを夏休みの自由研究とかで実験しても面白いかもしれません。

 コロナウイルスの感染が広がっています。亡くなった方もいて、一連の政府の対応を非難する人もいるようですが、こういった非常時に完璧な対応を求めるのも少し酷かな、と思います。非難するよりも事態が落ち着いた後に「こうした方がもっと良かった」と建設的な評価をする方が今後のためになるのではないでしょうか。
 数学の問題を解くときも同じようなことが言えます。解き方がいくつかある問題も多いのですが、通常解答書にはベストな解き方だけが書かれています。教える方が常にベストな解き方をすることを求めると、教えられる方は「解き方を覚える」という方向に向かってしまい、応用が利かなくなる傾向があるように思います。ベストではなくても、試行錯誤を繰り返しながら自力で回答にたどり着く練習も必要です。しかし自己流の解答ばかりやっていると、テストのときは時間が足りなくなるし、何より簡単に解けたときの達成感・爽快感を味わうことができません。ベストな解法試行錯誤とベストな解法のバランスをうまくとることが、大事だと思います。
 普段数学の問題を解き慣れている私でも100%ベストな解き方ができるわけではありません。試行錯誤の繰り返しです。数学の問題と違って人命が掛かっているときに試行錯誤などと言っていいかという意見もあると思いますが、専門家・担当者だからベストなことができるはずだ・すべきだ、という考え方は現実的ではないように私は思います。
 今年は小論文で受験した生徒が二人いたので、教える方も難しかったですが、発見もありました。野菜を手軽に摂る方法として「スムージー」というのは今どきの子の発想ですよね。オリンピックのマラソンの対策として「新たに春季オリンピックを開催する」というアイディアは結構現実的でいいと思いました。小論文としての評価はアイディアそのものより、それをいかにうまく表現するかが勝負だとは思うのですが、発想が面白いと採点する人も楽しいと思います。
 普通のテストが必要な知識を正確に素早く取り出すことが要求されるのに対し、小論文だと持っている知識や経験のありったけを絞り出さされる感じがします。家事に例えるなら、普通のテストが日々の炊事・洗濯で、小論文は大掃除や引っ越しになるでしょうか。中高生だと知識や経験の総量が少ないので、大掃除が簡単に終わりすぎて、なかなか字数が埋まらないことが多いようです。いろいろ頭をひねった結果、記憶の引き出しを整理する効果もありそうで、生徒にはいい経験になったのではないかと思います。
 小論文の書き方として、回答を書く前にメモや下書きを書いた方がいいかどうかは意見が分かれるところのようです。もちろん、生徒の特性や論文の内容にもよりますが、一応ざっと少し長めの下書を書いて、縮めながら清書するというのが、私はやりやすいと思います。
 今年のセンター試験の問題を見てみました。全部解いたわけではありませんが、おおむね例年通りの構成・難易度だったと思います。数学や英語は基本的な知識で十分対応できる内容ですが、問題量はそこそこあるので、スピードはそれなりに要求されます。国語は例年通り現国2問に古文1問漢文2問。古文漢文の知識がそんなに必要なのかという疑問も残りますが、受験生としては取り組みやすい構成なのかもしれません。個人的に今年は世界史を少し学びなおしていたつもりなのですが、思ったほど点が取れなかったので、また出直しです。
   1  2  3  4  5  次へ 
(24件中 1-5件)