3月17日
基山町の小松地区の方々から
大興善寺から北西にある山の
契山への道を案内していただけると
お誘いを受け、かたろう会メンバー4名を
含めて10数名にて案内して頂きました。

案内していただける方々は、この小松地区にお住まいで
この地区を中心に郷土の歴史を調べられ
そのひとつである過去存在した契山へのルートを
数年に渡り探索し、確定したされたのことです。
今回は、その山道を案内していただける次第です。

大興善寺駐車場からスタートし
その脇から山道へと歩き進めます。

山の中を分け入る山道ですが
昭和30年台頃まで存在し、この山中の脇には
木材の切り出し、柿畑、田畑と存在し
今は、自然と同化しつつあるこの道も
道幅がもっとあり、立派で
当時の基山での遠足は、
基山(きざん)の山頂で解散後
この道を使って、家路の着いたなど
この道の関わる話をしていただきました。

今は、道のルートを確定した段階で
これから道を整備し、大興善寺を含めて
多方向からの人に来てもらう
ひとつにしたいと語っておられました。

今回、お話を聞きながらの道中でしたので
この道が、生活に使われ山からの焚き物の資材や
山で育った恵みをこの地区が大事にされていた事が
伝わって来ました。
今回、お話を聞かせてもらった事で
この小松地区に、人が集っていただける
お手伝いができたらなと思った次第です。

契山の三角点にて、今回参加された皆さん
DSC02820


3月9日、基山町を通る長崎街道
消失区間はあるものの、未だ道筋は健在です。
その街道全部の道筋を
長崎ー小倉間を歩かれている方も見かけます。
残念ながら、市販の書籍には誤った記載もあり
何より、基山にはそれを示す案内板がありません
せっかく訪れて頂けるのでしたら
案内板を設置し、それを目印に
巡って頂きたいとの思いから
今回は基山駅から鳥栖市との市境の今町までを
案内板を設置ポイントを探るべく
他方から来られた方目線で、実際の歩いてみました。

個人的には、幾度となく歩いている街道道筋ですが
歩く回毎に、新たな発見があり、今回も新たな発見と
案内板を設置したいポイントの候補を選ばせてもらいました。
次回は、基山駅から原田方面を選定させてもらいます。

画像は、今町での天満神社にて
境内を清掃されていた地元の方から
神社の生い立ちや、地元周辺のお話を聞かせて頂き
あらためて、歴史を感じる地域だと感じました。
DSCF2812

2月28日 月1回の定例会を行いました。

今回は、3月2日の行われる「小郡ー鳥栖歴史散歩」のサポートの案内
只今作成中の基山町内の「長崎街道を歩く」のマップと
街道筋に残る各スポットの情報のメンバーへの周知。

そして今回、基山のお住まいの方をゲストとしてお招きし
所有されている、基肄城の関する遺物を紹介していただきました。

その遺物からは、基山の基肄城と太宰府の大野城との繋がりを
あらためて感じるものでした。

遺物を間近で見て、説明を聞き入るメンバー
DSCF2798
毎年、3月初めの土曜日に開催している
歴史散歩のイベントを行っております。
今年は、3月2日(土)の開催に向け
事前リハーサルを行いました。

この歴史散歩は毎年小郡市、鳥栖市、基山町のうち
2つの市町の各遺構や遺産を、歩いて案内させてもらっています。
今回は、小郡市から鳥栖市にかけての江戸から大正時代の
遺構を案内させていただきます。

それに向け、23日に案内方法の確認と、
道中の保全の認識の為リハーサルを行いました。
毎年、小郡と鳥栖の各郷土歴史を案内される方々と
和やかな雰囲気の中、道中の道を
実際に歩きながら確認させてもらいました。

鳥栖市田代昌町の道祖神社にて
DSCF2785(縮小600×450)
今年はじめの定例ガイド会議を行いました。
3月2日に行われる、「鳥栖小郡基山歴史散歩」の内容確認
今年の活動内容の確認と新たな提案
基山を通る長崎街道の案内パフレットの制作
そして、今回入られた、
新人さんの紹介などを話させてもらいました。

DSCF2767

   1  2  3  4  5  6  次へ 
(26件中 1-5件)